パッチテスト 結果

24時間後のパッチテスト結果

24時間以内に、痒み等の異常が発生することも特にありませんでした。

 

そして、24時間後に、絆創膏をはがして左腕内側のテスト部位を確認してみました。絆創膏を長時間貼っていたので、そのための赤みはありますが、湿疹やかぶれ等はまったくありませんし、痒み、痛みなどの自覚症状もありません。異常がまったくなく、とりあえずは安心しました。これで安心してルプルプを使って白髪染めができそうです。

 

パッチテスト2

 

 

ルプルプは、染毛料に、パラフェニレンジアミンなどのジアミン系の酸化染毛剤を一切使用していません。それと、製品として、アレルギー・パッチテスト済みですので、基本的にはアレルギー症状は発生しません。でも、やはり人間、予期しない個人差があるようで、まれにアレルギー反応を起こす人がいるようです。自分もそのパターンだったら、嫌だなと思っていたのですが、そのようなことはなく、よかったです。

 

最後に、ヘアカラーが肌に色濃くついてしまっているので、それを落とそうと思いました。石鹸を使って、指とタオルでゴシゴシと頑張ってみました。でも、丸々24時間、肌に付着していたせいか、この写真くらいが限界で、完全には落ちませんでした。

 

パッチテスト3

 

 

あまり簡単に落ちてしまったら、それはそれで、簡単に色落ちしてしまうヘアカラーではないかと心配にもなります。日常生活に支障はありませんので、これ以上、色落としには固執しないことにしました。あとは時間と共に、自然に消えていくでしょう(実際にそうなりました)。

 

続き 》 いよいよ、実際に髪を染めていきます