パッチテスト 白髪染め

パッチテストをやる

パッチテストというのは、皮膚アレルギー検査のこと。白髪染めをする場合には、白髪染めに含まれる成分にあなたの肌がアレルギー反応を示さないかのチェックを事前にするんです。肌が敏感な人やアレルギー体質の人の中には、白髪染めに使用されている成分に反応してしまう人がいて、頭皮がかぶれたり、かゆくなったりしてしまうのだそうです。

 

LpLp(ルプルプ)の場合は、天然成分で染め上げる白髪染めで、アレルギー発症の原因とされるジアミン系酸化染毛剤を一切使用していません。でも、用心のためにもパッチテストはやっておくことも、ルプルプの説明書にも書かれています。ですので、自分は特に敏感肌とかいうことではないのですが、使用前にきちんとパッチテストをしておくことにしました。

 

パッチテストのやり方は、ルプルプの「ご使用説明書」にその手順が記載してあります。目立たない所ということで、自分は、左腕に内側でパッチテストをすることにしました。その部分に、10円玉硬貨くらいの大きさで、綿棒を使ってLpLpヘアカラートリートメントを塗ります。ある程度の量をつけないと意味もないでしょう。透けない程度の量とも書いてあるので、写真の通り、しっかりと丁寧に綿棒を使いながら、ルプルプを肌に塗りました。

 

パッチテスト1

 

 

このまま自然に乾いてくれればいいのですが、意外とすぐには乾きませんでした、説明書に、30分程度して乾かない場合は、ティッシュペーパー等で軽くふき取ってよいと書いてありましたので、その通りに軽くふき取りました。ただ、それでもそのままだと衣類についてしまいますから、絆創膏を貼っておきました。説明書にもそうして下さいと書いてありました。

 

これで、パッチテストの準備はできました。このまま触れないで24時間放置することになります。24時間以内にかゆみとかが発症したら、すぐに洗い落とすようにとも書かれています。では、様子をみてみることにいたしましょう。

 

続き 》 パッチテストの結果判定は?