弱アルカリ性 白髪染め

髪に優しい弱アルカリ性の白髪染め

本来髪の毛は、酸性には強く、アルカリ性には弱いという性質を持っています。そのため、アルカリ性の白髪染めを使用すると、髪のタンパク質の結合を破壊して、キューティクルが開いた状態になります。すると、髪の保水力が落ちて枝毛や切れ毛の原因になったり、パサパサと艶のない髪になったりします。白髪染めの後に、指どおりが悪く引っかかったりするのは、これが原因です。

 

しかし、一般的な白髪染めは、アルカリ剤が髪のメラミン色素を分解して脱色し、キューティクルを開いて染料を髪の内部に誘導して染め上げる、アルカリ性のものがほとんどです。このようなアルカリ性の白髪染めは、しっかりと染まるため人気がありますが、髪や地肌への刺激が強いので、敏感肌の方や、髪の傷みの気になる人にはおすすめできません。

 

そこで最近では、多少染毛力は弱いけれど、髪の健康を考えた弱アルカリ性のものも出てきました。弱アルカリ性の白髪染めは、アルカリの強いものに比べると脱色効果が弱くなりますが、髪にツヤを与えることができます。髪のパサつきが気になる人は、髪に優しい弱アルカリ性の白髪染めを試してみてはいかがでしょう。

おすすめの弱アルカリ性の白髪染め

一般的な白髪染めは、アルカリ性のものがほとんどです。アルカリ性が強ければ強いほど、染毛力が強く、髪へのダメージも強くなります。

 

最近では、髪が傷みにくい白髪染めとして弱アルカリ性のものも出てきました。弱アルカリ性の白髪染めは、染毛力が弱く色持ちが悪いと言われていますが、最近では少しだけキューティクルを開いて染めるようなタイプのものがあり、髪への負担を最小限に抑え、きれいに染めることが出来ます。

 

白髪染めは、定期的に繰り返し使用するため、髪の毛の残留アルカリが多くなります。髪がアルカリ性のままでいると、髪の毛のキューティクルが開きっぱなしの状態になり、髪の水分がどんどん失われていき、髪がパサパサになってしまいます。

 

これでは、せっかくきれいな髪を保つためにした白髪染めのせいで、別の髪のトラブルを抱えることになってしまいます。弱アルカリ性の白髪染めなら、この残留アルカリが少ないため髪のパサつきを防ぐだけではなく、白髪染めの色持ちもよくなります。肌荒れや髪のパサつきを抑えて、きれいに染めたいという人には弱アルカリ性の白髪染めがおススメです。

 

このサイトで実際に男性が試している白髪染めのルプルプも、PH8という数値の通り、弱アルカリ性の白髪染めとなっています。

弱アルカリ性の白髪染め関連ページ

無添加の白髪染め
髪や頭皮の安全性を考えた場合、無添加の白髪染めを使うという方法があります。