白髪染め 安心 安全

安心して使える白髪染めを選びましょう

白髪染めを使用すると、髪がパサつく、きしむなどのダメージを感じたことがある人は多いと思います。男性だって、髪がそのような状態になってしまうのは嫌でしょうし、このまま髪や地肌が傷んで知ってしまうのは心配になります。地肌や体にどんなダメージを与えているか、安心して使えるものかどうかを気にしている人は少なくないかもしれません。

 

髪にダメージを与えているくらいですから、当然、地肌や体にもダメージを与えています。地肌へのダメージは、白髪の増加や、抜け毛や脱毛などの髪のトラブルを引き起こします。

 

また、かぶれや腫れなどの一時的なアレルギー反応だけではなく、強いアナフィラキシーショックを起こすことや、命に係わるような重篤なアレルギー症状も報告されているのです。

 

そもそも、目が痛くなったり、地肌がひりひりしたり、髪がパサついたりするような刺激物を使い続けることが、体によいわけがありません。あなたの使っている白髪染めは、本当に安心して使えるものでしょうか。

 

健康面で安心して使える白髪染めなら、アレルギー物質であるジアミンなどの化学物質を使用していない刺激の少ないもの、着色剤が天然成分であるもの、弱アルカリ性であるもの、刺激臭がしないものを選ぶのが賢明です。

 

こちらのコーナーでは、男性が白髪染めを称する際に、知っておくべき、白髪染めの安全面のお話をお伝えしていきます。正しい知識を持って、安全に安心して白髪染めをご利用になるようになさって下さい。

 

 

 

 

 

白髪染めコラム・安全編記事一覧

無添加の白髪染め

白髪染めは、独特の刺激臭がして、髪が傷むは仕方がないと思われている方が多いと思います。この刺激の原因は、白髪染めに含まれている添加物にあります。ドラッグストアなどで一般的に販売されている白髪染めのほとんどに、体に有害な物質である添加物が含まれています。白髪染めの成分として代表的な化学物質は、ジアミン...

≫続きを読む

 

弱アルカリ性の白髪染め

本来髪の毛は、酸性には強く、アルカリ性には弱いという性質を持っています。そのため、アルカリ性の白髪染めを使用すると、髪のタンパク質の結合を破壊して、キューティクルが開いた状態になります。すると、髪の保水力が落ちて枝毛や切れ毛の原因になったり、パサパサと艶のない髪になったりします。白髪染めの後に、指ど...

≫続きを読む