白髪染め 色落ち 色持ち

白髪染めヘアカラーの色落ち・色持ち

白髪染めには、髪の内側から染めるヘアカラーと髪の表面に着色するヘアマニュキュアタイプの白髪染めがあります。

 

ヘアカラーは、髪のキューティクルを開いて、髪の内部にまでしっかりと色素を浸透させる方法です。そのため、1回でしっかりと染まり色落ちしにくいのが特徴で、色持ちがよく、2か月ぐらいは大丈夫なので、施術回数が少なくて済むため経済的な白髪染めです。しかし、その分髪や頭皮に与えるダメージは大きくなります。

 

髪の毛は、その伸びる早さには個人差がありますが、毎日伸び続けますので、白髪染めをしてから1ヶ月くらい経過すると、髪の根元には白い部分が現れてきます。男性で短髪の人の場合は、余計にその白髪が目立つということもあるかもしれません。

 

ヘアカラーは色落ちが少なく、非常に色持ちはいいのですが、新たに伸びてきた根元まで染めるわけではありませんので、きれいな状態を保つためには、定期的に白髪染めを行うことが必要になります。

 

一度傷ついたキューティクルは回復に時間がかかるため、短期間の間に頻繁にヘアカラーを使用すると髪の毛がパサつきやすくなります。また、頭皮にダメージを与え続けると、さらなる白髪の増加や、抜け毛や脱毛などの髪のトラブルを引き起こすことがあります。

 

いっぽう、ヘアマニュキュアタイプは髪の表面に色を付けるだけですので、髪に対するダメージは最小限度で済みます。ただし、色落ちはすぐにしてしまい、色持ちは悪いです。

 

白髪染めを選ぶ時には、色落ちや色持ちだけでなく、その安全性もしっかりと考慮して選びたいですね。

 

白髪染めトリートメントの色落ち・色持ち

白髪染めトリートメントは、髪のキューティクルはそのままに、髪の表面のたんぱく質に着色するヘアマニュキアタイプの白髪染めです。そのため、シャンプーやブラッシングなどの日常的な外部刺激でも色落ちしやすく、色持ちはあまりよくありません。

 

また、1回でしっかりと染まらず定期的に使用することで効果を持続させる必要があります。しかし、ヘアカラーのように髪や頭皮に与えるダメージが少なく、敏感肌の人にも安心して使えるのが特徴です。

 

髪の毛は、その伸びる早さには個人差がありますが、毎日伸び続けますので、白髪染めをしてから1ヶ月くらい経過すると、髪の根元には白い部分が現れてきます。そのため、きれいに染まった状態を保つためには、色落ちの早さや色持ちの良さに関わらず、定期的に使用し続けることが必要になります。

 

白髪染めトリートメントの色持ちは2週間程と言われていますが、1週間から2週間の頻度で定期的に使用すれば、根元からしっかりと染まった状態を保つことができます。

 

無添加で、天然成分を含んだ「ルプルプ」なら、髪や地肌に優しく毎日でも繰り返し使うことが出来るので、色持ちや色落ちの心配をする必要がありません。通常のトリートメントと同じ感覚で使えて、傷んだ髪もしっかりと補修してくれるのでお薦めです。

 

白髪染めの色落ち・色持ち関連ページ

天然の白髪染めの成分について
天然素材を使用した白髪染めの成分とは、どのようなものが使われているのでしょうか。
アレルギーの人にも安心して使える白髪染めは?
カコに白髪染めでアレルギー反応がでたことがある人は、白髪染め使用は躊躇するかと思います。アレルギーの人でも安心して使用できる白髪染めはあるのでしょうか。
髪にダメージを与える白髪染めと髪を救う白髪染め
白髪染めは一般的に、白髪を染める代わりとして、髪にダメージを与えてしまいます。しかしいっぽうで、使えば使うほど、髪に潤いを与える白髪染めもあるのです。
白髪染めの液だれ対策
白髪染めの際の悩みの種の液だれ。液だれしないで白髪を染める方法はないのでしょうか?
白髪が似合う有名人
この人は白髪が似合う、と思う有名人を挙げてみました。あなたはどう思いますか?