白髪染め 液だれ

液だれしない簡単な白髪染め

白髪染めは、白髪がチラつかない良い状態を保つためには、髪が伸びてくるのに合わせて繰り返し染め直す必要があります。男性は髪が短い場合も多いので、こまめに染め直さないと女性以上に伸びてきた部分の白髪が目立ってしまう場合もあります。

 

美容院や理髪店での白髪染めは、時間もお金もかかるので、できれば自宅で簡単に済ませたいと思われる方も多いと思います。でも、実際に試したことがある人ならわかるかと思いますが、自宅で白髪染めをする際に、液ダレに悩まされたことはないでしょうか。

 

白髪染めには、塗布した後に放置時間がありますが、この放置時間の間に薬剤が垂れてくることがあります。この液ダレによって、額や首筋などの肌に着色してしまったり、洋服を汚してしまったり、洗面所の壁に染みを付けてしまったりしたことのある人も多いと思います。タオルなどに付いてしまうと、それ以降は髪染め専用にしか、そのタオルはもう使えなくなります。

 

また、白髪染めには、刺激の強い成分が含まれているため、液ダレによって薬剤が目に入ると大変危険です。こちらの方がさらに深刻は心配ですよね。

 

「ルプルプ」は、シャンプーの後に普通のトリートメントと同じように使うだけの白髪染めです。クリーム状で液ダレしないので、肌への着色や目や肌へのダメージの心配もありません。しかも無添加で、天然成分でできているので刺激が少なく、素手で扱うことができるため、誰でも簡単に生え際からしっかり染めることができます。

 

ルプルプのような天然素材のトリートメントタイプの白髪染めを使えば、液だれでの心配もなくなりますね。

 

白髪染めの液だれ対策関連ページ

天然の白髪染めの成分について
天然素材を使用した白髪染めの成分とは、どのようなものが使われているのでしょうか。
アレルギーの人にも安心して使える白髪染めは?
カコに白髪染めでアレルギー反応がでたことがある人は、白髪染め使用は躊躇するかと思います。アレルギーの人でも安心して使用できる白髪染めはあるのでしょうか。
髪にダメージを与える白髪染めと髪を救う白髪染め
白髪染めは一般的に、白髪を染める代わりとして、髪にダメージを与えてしまいます。しかしいっぽうで、使えば使うほど、髪に潤いを与える白髪染めもあるのです。
白髪染めの色落ち・色持ち
白髪染めの色落ちって気になりますよね。でも、色持ちと髪へのダメージの兼ね合いを考えることも大切です。
白髪が似合う有名人
この人は白髪が似合う、と思う有名人を挙げてみました。あなたはどう思いますか?