白髪染め ダメージ

髪にダメージを与える白髪染め

30代後半、40代になると、多くの男性が白髪を気にするようになると思います。髪が伸びてくる度に根元の白さが目立つので、気になりだすと定期的に染めずにはいられなくなります。その度に理髪店や美容院に行くのも、お金も時間もかかるので、自宅で自分で染めたり、奥様に染めてもらったりしている方も多いかと思います。

 

現在はドラッグストアなどでも様々なメーカーの白髪染めが販売されていていますが、白髪染めを試したことがある方はわかると思うのですが、結構刺激が強いものが多いですよね。

 

目や鼻にツンッとくる刺激臭がする、手袋をしないで使用すると手荒れてしまうようなものを長時間髪や頭皮に塗ったまま放置すると考えると、ちょっと怖くないですか。

 

実際に、白髪染めをした後の髪は、ぎしぎしするような感じがしたり、枝毛や切れ毛が増えたりすることがあります。それだけ髪がダメージを受けているということは、地肌も同じようにダメージを受けているということです。

 

髪がダメージを受けて艶がなくなると、せっかく色は黒くなっても、なんだか手入れがされていない、だらしない感じになってしまいます。体のためにも、真の見た目のためにも、髪にダメージを与えない白髪染めを選びたいですよね。汚くてだらしがないイメージの男性となると、女性からの評判も悪くなってしまいますからね。

 

 

 

髪のダメージを抑え、艶を与える白髪染め

白髪染めには、大きく分けて「ヘアカラー」、「ヘアマニュキア」、「一時染め」の3種類に分類されるのをご存知ですか?

 

一般的に白髪染めと言われる、ヘアカラーやヘアマニュキュアには、化学物質が含まれています。それらの化学物質は、頭皮の痛み・かゆみ・湿疹・かぶれなどを引き起こすことや、髪がパサつくなどのダメージを与えることがあります。

 

白髪染めの独特な刺激臭を考えてみても、体に良いものとは思えませんよね。髪や頭皮にダメージを与える白髪染めを使用していて、本当に大丈夫なのか考えたことはありませんか。

 

白髪染めは、商品の性質上繰り返し使うものですから、その影響はしっかりと知っておく必要があると思います。髪や頭皮にダメージを与え続けると、毛根を傷つけ、髪の毛が痩せてしまったり、抜け毛の原因になったりします。

 

若々しく魅せるための白髪染めが、結果的に髪を駄目にしてしまうのでは意味がありません。髪や頭皮にやさしい白髪染めを選ぶようにしましょう。

 

髪のダメージを補修する白髪染め

市販の白髪染めは、匂いも髪や地肌への刺激も強いので、使用の度に必要以上にダメージを与えてしまいます。白髪染めの後の、髪のきしみやゴワゴワ感が気になったことはありませんか。それは、髪がダメージを受けている証拠です。

 

このダメージを繰り返し与えることによって、毛根そのものが損傷し、薄毛の原因になってしまいます。数年後の髪を守るためにも、髪や地肌にやさしい白髪染めを選ぶことは大切です。

 

髪にダメージを与えない白髪染めとして、お薦めなのが男性お使用できる「ルプルプ」。この白髪染めは、無添加・低刺激で髪にも肌にもとても優しいのが特徴です。化学物質を含まない無添加のヘアマニュキア「ルプルプ」は、使い心地もよいので、安心して繰り返し使用することができます。

 

また、無添加で低刺激の「ルプルプ」は、シャンプー後にトリートメントとして使用するだけで白髪を染めてくれるマニキュアタイプの白髪染めです。白髪染めを使えば、多少髪が傷むのは仕方がないと思っている人も多いと思いますが、「ルプルプ」は違います。

 

天然植物色素と天然保湿成分の働きで、白髪染めをしながら髪のダメージをしっかり補修し、つやつやの髪を保ちます。白髪とダメージヘアを同時にケアすることが出来る白髪染めなのです。髪や地肌のダメージを防ぐ「ルプルプ」で、ずっと素敵な髪を手に入れましょう。

 

髪にダメージを与える白髪染めと髪を救う白髪染め関連ページ

天然の白髪染めの成分について
天然素材を使用した白髪染めの成分とは、どのようなものが使われているのでしょうか。
アレルギーの人にも安心して使える白髪染めは?
カコに白髪染めでアレルギー反応がでたことがある人は、白髪染め使用は躊躇するかと思います。アレルギーの人でも安心して使用できる白髪染めはあるのでしょうか。
白髪染めの液だれ対策
白髪染めの際の悩みの種の液だれ。液だれしないで白髪を染める方法はないのでしょうか?
白髪染めの色落ち・色持ち
白髪染めの色落ちって気になりますよね。でも、色持ちと髪へのダメージの兼ね合いを考えることも大切です。
白髪が似合う有名人
この人は白髪が似合う、と思う有名人を挙げてみました。あなたはどう思いますか?