男性向け白髪染めタイプ

こういった白髪染めは男性にとって使いやすいかもしれません

白髪染めは、ドラッグストアなどでもたくさんのメーカーから多くの種類が販売されていますが、何に注意して選ぶとよいのでしょう。

 

まず、白髪染めには染色方式によってヘアカラーとヘアマニュキアがあります。ヘアカラーは、染色力が強く色持ちが良いですが、髪や地肌へのダメージも大きく、ヘアマニュキュアは染色力や色持ちが落ちるものの、髪や地肌に優しく、繰り返しの使用にも安心です。

 

形状も乳液タイプ・クリームタイプ・泡タイプなどがあります。薬剤の伸びが違うので、塗布しやすさや液ダレのしやすさに違いがあります。

 

また、多くの白髪染めが複数の色を揃えていますので、なりたい髪色によっても選べますが、髪質や色によって、染まりやすさが違いますので、選ぶ時には注意が必要です。例えば、髪が固く太い人は、髪や柔らかく細い人より染まりにくいです。また、白髪染めの色は、明るめの色は染まりやすく、暗めの色は染まりにくいという特徴があります。

 

同じ白髪染めでも、人によって仕上がりが違ってくるので、基本的には、髪の色や太さ・硬さなどの髪質、肌の状態、染めたい色、染めやすさなどによって、自分に合った白髪染めを選びようにしましょう。

 

白髪染めには、いろいろなタイプのものがあることをお伝えしましたが、乳液タイプやクリームタイプなど一般的なものに加えて、最近では上記でご紹介しました泡タイプのものも人気です。

 

乳液タイプの白髪染めは、伸びが良くムラになりにくいのですが液ダレがしやすいのが難点です。男性は女性に比べて髪が少なく、液ダレした白髪染めが頭皮にべったりとつきやすいので、頭皮を傷めやすく注意が必要です。

 

乳液タイプや泡タイプ白髪染めは、乳液タイプに比べて液ダレしにくいので塗布しやすくおススメです。また、髪の短い男性は2液混合タイプのものは、残って捨ててしまうことが多くもったいないので、使いたい量だけ使え、残りは次回に回せるワンプッシュタイプの物が経済的でおススメです。

 

また、髪や頭皮をケアしながら自然な色に染められるトリートメントタイプの白髪染めは、ケープや手袋などの事前準備が不要で簡単に使用できます。女性と違って、髪が短い男性にはより手軽で、頭皮にダメージを与えにくいものを選ぶと良いと思います。

 

基本的に、男性でも女性でも使用することができる白髪染めは同じですが、男性にとって使いやすいという種類の白髪染めは存在するようです。ただし、これも男性全般ということではなく、男性によってはこのタイプの方が使いやすいでしょう、という程度の認識で良いかと思います。

白髪染めタイプ関連ページ

男性用白髪染め選び
男性用の白髪染めの選び方についてです。
白髪染めとヘアダメージ
男性が白髪染めを使用する際に気になる、髪へのダメージについてです。
トリートメントタイプの白髪染めの意義
こちらでは、トリートメントタイプの白髪染めについてお話いたします。
白髪を染める頻度
白髪を染めは、いったいどの程度の頻度で使用すればいいのでしょうか。そのヒントになればと思います。
ロマンスグレーはいかがですか?
髪を真っ黒に染めるだけでなく、ロマンスグレーでの魅力を引き出すという考え方もあります。
白髪染めの使用を考える時
男性として、白髪染めの使用を検討し始めるのは、いつ頃からなのでしょうか。