男性用白髪染め 女性用白髪染め

男性用白髪染めと女性用白髪染めの違いは?

男性はドラッグストアに白髪染めを探しに行ったけれど、女性用が多くて困った……というような経験がありませんか。広告などをみても白髪染めは女性用ばかしだったりします。白髪は男性・女性問わずになるのですけれどね。しかし、最近では男性用の需要も高まって、企業側も男性用の白髪染め商品の数も増やしてきました。

 

それでは男性用と女性用に違いがあるのでしょうか?一般的に申しますと、ほとんど中身に違いはありません。

 

女性は以前から髪の色については興味が強い方が多く、特に中高年以降になると白髪を気にして白髪染めを利用する人が多い傾向にあります。逆に男性は、日本人の伝統的な精神論の問題で、髪を染めるような行為を軟派と称して善としてこなかったため、白髪染めを使うという習慣が根付きませんでした。

 

しかし近年では男性も若く見せること、白髪を染めること、に抵抗を感じなくなり、需要が高まったというわけです。そのために今まで女性用と売り出していたものを、男性が使う男性用として区別して売るようになっただけで、実際は成分的な違いはないということです。本サイトで実際に試しているルプルプも、男女共に使用することができます。

 

また、その他の商品で、女性用のパッケージで販売されている白髪染めであっても、男性であるあなたも、気にしなければ、女性用を利用しても問題はありません。

 

 

男性のための白髪染めコラム記事一覧

男性用白髪染め選び

男性用の白髪染めも、女性用の白髪染めも、基本、成分等は同じものです。では、男性用と女性用とでの一番の違いといいますと、色の好みといえます。あとは、どういった白髪染めタイプの商品を選ぶか、といったことも検討する必要があります。女性は黒に近い茶色から明るい茶色、果ては赤や金色など色々な色に髪を染めること...

≫続きを読む

 

白髪染めとヘアダメージ

男性にとって抜け毛は気になる問題です。白髪が気になる、男性用白髪染めを使ってみたいけれど髪へのダメージが気になってしまう、なんてことも多いことでしょう。男性の抜け毛は加齢によるもの、ストレス、生活習慣などが原因で、中高年になるにつれ増加します。白髪も原因は同じです。抜け毛に関しては、市場に出回ってい...

≫続きを読む

 

トリートメントタイプの白髪染めの意義

近年、男性用白髪染めで男性に人気があるのは、ヘアマニキュアの一種であるトリートメントタイプの白髪染めです。ヘアカラーや、塗るタイプのヘアマニキュアに比べて取り扱いが手軽で簡単であることが理由でしょう。このタイプの白髪染めは、トリートメントの中に白髪染めの成分が配合されているので、毎日、白髪染めトリー...

≫続きを読む

 

白髪を染める頻度

男性用の白髪染めを使用するときに注意すべきなのは、その使用頻度です。タイプによって男性用白髪染めの使用頻度は異なります。ヘアカラーでしっかり染めた場合は、色落ちも少ないので、新たに生えてきた白髪や、伸びた白髪が目立つようになるまで再度白髪染めを使用する必要はありません。髪や頭皮へのダメージが大きいの...

≫続きを読む

 

ロマンスグレーはいかがですか?

男性は女性ほど白髪を気にする傾向はありませんよ。もちろん、それは人によります。、このサイトでは、私のように、白髪を目立たなくせたいと願っている男性方におくる内容となっていますが、あまり気にしないという方も当然いるでしょう。それは例えば「ロマンスグレー」という言葉の表すとおり、歳を重ね、相応の容貌が男...

≫続きを読む

 

白髪染めタイプ

白髪染めは、ドラッグストアなどでもたくさんのメーカーから多くの種類が販売されていますが、何に注意して選ぶとよいのでしょう。まず、白髪染めには染色方式によってヘアカラーとヘアマニュキアがあります。ヘアカラーは、染色力が強く色持ちが良いですが、髪や地肌へのダメージも大きく、ヘアマニュキュアは染色力や色持...

≫続きを読む

 

白髪染めの使用を考える時

白髪は加齢とともに出てくることが多く、30代から40代くらいから気になり出す人が多いようですが、白髪の量は人によって異なります。白髪に気づく瞬間は人それぞれですが、鏡を見た時はもちろん、写真やビデオなどで客観的に自分の後ろ姿を見た時に気づくことも多いようです。白髪が現れる原因は年齢だけでなく、ストレ...

≫続きを読む