メンズビゲンスピーディー2

メンズビゲンスピーディー2で自宅で妻に白髪染めしてもらっています

私は、中学生頃から白髪が生えてきてから、定期的に白髪染めをしています。学生時代はずっと床屋さんで白髪染めをしていましたが、社会人になってからは、ずっと自分で染めています。使う度にちょっとづつ染まっていくタイプの白髪染めの存在も知っていましたが、私の場合、まだ若いので白髪があること自体不自然です。

 

多感な学生時代には強いコンプレックスを感じていましたし、周りの友人はみんな明るい色に髪の毛を染めることができますが、私は、白髪に色が入らないことが原因で、髪の毛は黒にしか染めたことがありません。彼女が出来たときも、夏だから髪の毛をお揃いで明るい色にしようと言われた時も、自分に白髪が生えていることを言うことができませんでした。

 

今は結婚しているので、妻も私に白髪が多いことは知っています。今では自分では染めづらいので、月に1回妻にメンズビゲンスピーディー2を使って染めてもらっています。白髪染めをするときは、自宅の風呂場で行います。お風呂場が汚れないように、お風呂ば全体がしっかりと湿気を作っておきます。その方法は、お風呂にお湯を張るだけですが、これだけで染料が付いてしまっても、簡単に落とすことができます。

 

若年性の白髪持ちで一番嫌なのが、床屋さんや美容室で髪の毛を切ってもらうときです。例え相手が美容師や床屋さんの人であっても、白髪のことについて聞かれることに強い抵抗を感じてしまいます。お店の人にあぁ白髪があるんですね、なんて言われた経験がありますが、何気ないその一言で傷付いてしまいましたた。白髪を隠すことが普通になっているので、白髪を見られることは、ある意味裸を見られるより恥ずかしい気持ちになってしまいます。

 

そんな経験をしてからは、お店に髪を切りに行く前に妻に白髪染めをしてもらっています。そうすれば髪の毛を切ったあとでも、白髪が見えることはほとんどないので、気持ち良く髪を切ってもらうことができます。これからも毎月白髪染めをしていこうと思っています。

 

体験談その5. メンズビゲンスピーディー2関連ページ

体験談その2. 週に1度、休日に自宅で白髪染め
男性による白髪染め体験談として、毎週末に自宅で白髪染めをされている方の話をお聞きしました。
体験談その3. 男性ですが女性用白髪染め使用
男性による白髪染め体験談として、バンド活動をして長髪の男性のお話をお聞きしました。
体験談その4. 混合式白髪染め
1剤と2剤を混ぜて使用するタイプの白髪染め。実際に使ってみました。
体験談その6. ルプルプ
週に2回ルプルプで白髪染めをするのが習慣になっています。白髪に無頓着で、10歳は年上に見える老け顔だったのが嘘のようです。
体験談その7. シエロ・ムースカラー
私が白髪染めとしてシエロ・ムースカラーを使用している理由についてお話いたします。白髪染めの方法は、いろいろ試してみましたが、今はこれが一番良いと思っています。
体験談その8. メンズビゲン ワンプッシュ
若白髪で悩んでいた私は、試しにメンズビゲン・ワンプッシュを使用してみました。結果は大正解。楽に染められるし、自然な感じの染め上がりです。他の人にも勧められると思っています。
体験談その9. 玉髪・白髪用ヘアトリートメント
頭皮を含めた皮膚が弱いわたしは、とにかく肌に優しい白髪染めを選ぶ必要がありました。そんな中出会った「玉髪(たまぐし)白髪用ヘアトリートメント」は、頭皮の問題はでないし、染め上がりもバッチリなので、私にピッタリの白髪染めです。